町田徹のホームページへようこそ








インターネットラジオ・有志のブログなどでの活動
新聞・雑誌・テレビでのコメント
最近の出来事
Bookreview
 
 

  <ラジオ番組>

ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日

「町田徹の経済ニュースカウントダウン」16:00〜16:20
「町田徹の経済ニュースふかぼり!」17:35〜17:50
「町田徹の経済リポートふかぼり!」夜11:00〜11:20

ポッドキャスト
パソコンradiko.jp

でお聴きいただけます。詳しくは、番組ホームページをご覧ください。

<連載記事>
講談社 現代ビジネス「ニュースの深層」

最新の情報は、ブログをご覧ください。

 

2022/1/17
Internet
現代ビジネス「ニュースの深層」
慧眼とされる毎年恒例の「世界10大リスク」…日本人が知っておくべき「危機と混乱」の内容(2022/1/11)
http://gendai.ismedia.jp/list/serial/news_machida

Radio
ラジオNIKKEI
「町田徹の経済ニュース カウントダウン」(2022/1/7)
第1位 感染が急拡大の沖縄、山口、広島3県に
「まん延防止等重点措置」適用へ
第2位 林外相、米国務長官と電話会談。
駐留米軍に「外出制限を含む感染拡大防止措置の強化と徹底」を要請
第3位 ジョンズホプキンス大学の集計で、
世界の新型コロナウイルス新規感染者数が3日連続で1日250万人を突破
第4位 米コンサル「ユーラシア・グループ」、恒例の「世界の10大リスク」を公表
第5位 インフレ過熱懸念から利上げの前倒しに言及!FRB議事録
第6位 米トランプ前大統領支持者による議会占拠から1年
第7位 米中ロ英仏の首脳、核戦争回避の共同声明を発表
第8位 「中国恒大」がオンラインで社債権者集会を開催
第9位 北朝鮮通信社、「極超音速ミサイル」発射実験を認める
第10位 カザフスタン大統領、非常事態宣言を全土に拡大

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
今年の最大のリスクは、中国のコロナ対策なのか!?
アメリカの調査会社が指摘した世界の10の危ういポイント

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
コロナショックで180兆円をロスしたアジアの回復の光明とは!?
日本経済研究センターアジア予測室長・富山篤さん

「町田徹の経済ニュース カウントダウン」(2021/12/31)
緊迫するウクライナ情勢、ロシア軍の1月侵攻はあるのか!?
日本経済新聞ロンドン駐在編集委員・赤川省吾さんインタビュー

「経済ニュースふかぼり!」
ドイツのショルツ政権誕生でEU・世界が向かう新たな方向は?
引き続き、ベルリン自由大学政治学博士号を持つ赤川さんに訊く

  「町田徹の経済リポートふかぼり!」
検証・岸田政権の経済政策
日本経済研究センター理事長・岩田一政さん

  エコノミスト(2021/11/30)に寄稿
alterna(October 2021)に寄稿
TBSラジオ Session(2021/6/14)にコメント
BSフジ プライムニュース(2021/6/3)に出演
FLASH(2021/5/4)にコメント
週刊ポスト(2021/4/30)にコメント
TBSラジオ Session(2021/4/14)に出演
alterna(May 2021)に寄稿
JP総研Research(Mar.2021)に寄稿
週刊ポスト(2021/2/5)にコメント

   


 


町田 徹(まちだ てつ)

経済ジャーナリスト、ノンフィクション作家。
1960年大阪生まれ。
神戸商科大学(現・兵庫県立大学)卒業。日本経済新聞社に入社。
米ペンシルべニア大学ウォートンスクールに社費留学。
雑誌編集者を経て独立。
2014年〜2020年、株式会社ゆうちょ銀行社外取締役。
2019年〜 吉本興業株式会社経営アドバイザリー委員
少年時代、ウォーターゲート事件や田中角栄元首相の金脈問題の報道に触発されて、
ジャーナリストを志す。ワシントン勤務を含む18年間の記者時代、金融制度改革、
損失補てん事件、飛ばし問題、5%ルール・TOBルール導入、郵貯肥大化問題、
放送デジタル化、通信の接続ルール作り、NTT分離・分割問題、米1996年通信法改正、
マイクロソフト独禁法裁判、日米通信摩擦、米インターネット振興策などを取材し、
多くのスクープをものにした。

2007年3月「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞を受賞。
対象作品は、月刊現代 2006年2月号
「日興コーディアル証券『封印されたスキャンダル』」
この記事は、こちらからご覧いただけます。

著書に
『電力と震災 東北「復興」電力物語』(日経BP社、2014年)
『行人坂の魔物−みずほ銀行とハゲタカ・ファンドに取り憑いた「呪縛」』(講談社、2013年)
『JAL再建の真実』(講談社、2012年)
『東電国有化の罠』(筑摩書房、2012年)
『日本郵政−時な放たれた「巨人」』(日本経済新聞社、2005年)
『巨大独占 NTTの宿罪』(新潮社、2004年)
共著に
『ジャーナリズムの情理 新聞人・青木彰の遺産』(産経新聞出版、2005年)
『移動体通信ビジネスー立ち上がる15兆円市場』(日本経済新聞社、1995年)
『官僚−軋む巨大権力』(日本経済新聞社、1994年)