町田徹のホームページへようこそ




インターネットラジオ・有志のブログなどでの活動
新聞・雑誌・テレビでのコメント
最近の出来事
Bookreview
 
 

 

2018/9/19

<新番組のお知らせ>

ラジオNIKKEI 「町田徹のふかぼり!」毎週金曜日
「町田徹のふかぼり!フロントページ」16:40〜17:00(生放送)
「町田徹のふかぼり!」23:00〜23:15
の2本立てでお送りしています。

ポッドキャスト 
パソコンradiko.jp

でお聴きいただけます。詳しくは、番組ホームページをご覧ください。

Internet

*現代ビジネス「ニュースの深層」
リーマン後の10年で世界に溜まった「次の危機のマグマ」 の実態(2018/9/18)
関空孤立も北海道停電も、前から「指摘されていた弱点」 だった(2018/9/11)
携帯料金値下げ、どう進める…?菅官房長官の「秘策」 を読む(2018/9/4)
http://gendai.ismedia.jp/list/serial/news_machida

Radio

ラジオNIKKEI
「町田徹のふかぼり!フロントページ」
・プーチン大統領が東方経済フォーラムで日中に外交戦を展開
・日米貿易戦争が正念場に、関係閣僚級のFFRを来週金曜日に開催
・新iPhone画面大きく、新興国開拓へ旧機種は値下げ
・自民総裁選、党員の6割超が安倍総理を支持
・関空復旧が難航、北海道苫東厚真火力も本格復旧は11月以降に
・郵便配達は平日のみに、総務省が郵便法の改正検討
・トランプ大統領、「内幕本」が響き支持率の低下も
・NTTがグループ調達会社をアメリカに設立
・株式売買にブロックチェーン、大和証券の実験に25社が参加
・東急電鉄が分社化、人口減少見据え不動産などを本社に
「町田徹のふかぼり!」
リーマン・ショックから10年。新たな機器への備えは万全か?
(2018/9/14)

「町田徹のふかぼり!フロントページ」
・関空の立地と北海道の送電容量、インフラの弱点が大災害で露呈
・新興国の通貨・株安にインドネシアが事実上の輸入制限措置
・中国がアフリカ53カ国の首脳とフォーラム、6.6兆円の支援を表明
・日ロ首脳会談、今月10日にウラジオストクで開催
・経団連会長、就活ルール廃止を示唆、維持求める総理と見解分かれる
・NAFTAの見直し、アメリカとカナダが協議を再開
・スズキ、アメリカに続き中国でも現地生産から撤退
・「狙う広告市場」が1兆円台の大台突破
「町田徹のふかぼり!」
災害への備えが不足した電力・空港行政。強い台風と巨大地震が 弱点を直撃
(2018/9/7)

「町田徹のふかぼり!フロントページ」
・自動車部材NAFTA域内調達75%に、米メキシコが合意
・菅官房長官、携帯料金の「4割引き下げ」に意欲
・石破氏、総裁選へ政策発表、財政規律を重視
・豪政府がファーウェイとZTEの5G参入を禁止
・スルガ銀、創業家会長、社長、専務が不適切融資で引責辞任へ
・障害者雇用3460人水増し、中央省庁の8割で発覚
・トヨタ、自動運転でウーバーと提携
・投信、ネット証券の顧客36%が損失
「町田徹のふかぼり!」
菅官房長官、携帯料金の「4割引き下げ余地」発言の波紋
(2018/8/31)

  静岡放送ラジオ IPPO に出演(2018/9/6)
フジテレビ プライムニュース・イブニングでコメント(2018/8/22)
静岡放送ラジオ IPPO に出演(2018/8/9)
名古屋商科大学 ビジネス公開講座にて講演(2018/7/18)
静岡放送ラジオ IPPO に出演(2018/7/5)
静岡放送ラジオ IPPO に出演(2018/5/31)
プレジデント 仮想通貨 規制強化「第二のFX」で決着か(2018/5/14)
東京新聞 会社法改正中間試案 株主提案制限いいの?(2018/3/9)
神戸地域経済フォーラム(2018/2/26、3/15) モデレーター
静岡放送ラジオ IPPO に出演(2018/3/8)
週刊ポスト(2018/2/2)
 新規上場ソフトバンク株は「買いか、見送りか」にコメント
MBSラジオ 報道するラジオに出演(2018/1/15)
BS11 リベラルタイム に出演 「自動車メーカーの不正」(2018/1/2)
「生産性向上と再発防止」(2018/1/9)
MBSラジオ 報道するラジオに出演(2018/1/15)
BS11 リベラルタイム に出演
「自動車メーカーの不正」(2018/1/2)
「生産性向上と再発防止」(2018/1/9)
   


 


町田 徹(まちだ てつ)

経済ジャーナリスト、ノンフィクション作家。
1960年大阪府生まれ。
神戸商科大学(現兵庫県立大学)商経学部経済学科を卒業。
米ペンシルバニア大学ウォートンスクールに日本経済新聞社より社費留学。
株式会社ゆうちょ銀行の社外取締役に、2014年6月就任。

少年時代、ウォーターゲート事件や田中角栄元首相の金脈問題などの報道に触発されて、ジャーナリストを志す。大学卒業後、日本経済新聞社に入社した。
18年間の新聞記者時代に、金融制度改革、リクルート事件、新日鉄・三協精機インサイダー取引事件、損失補てん事件、飛ばし問題、5%ルール・TOBルール導入、郵貯肥大化問題、放送デジタル化、通信回線の接続ルール作り、NTT分離・分割問題、米1996年通信法改正、マイクロソフト独禁法裁判、日米独禁協定締結、日米通信摩擦、米金融政策、米インターネット振興策などを取材し、多くのスクープ記事をものにした。
 
雑誌編集者を経て、独立。
著作活動を軸に、雑誌への寄稿や講演活動も手掛けている。

2007年3月「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」大賞を受賞しました。
対象作品は、月刊現代 2006年2月号
「日興コーディアル証券『封印されたスキャンダル』」です。
この記事は、こちらからご覧いただけます。