町田徹のホームページへようこそ
トップページへ







インターネットラジオ・有志のブログなどでの活動
執筆記事2009
執筆記事2008
執筆記事2007
執筆記事2006
執筆記事2005
新聞・雑素・テレビでのコメント
著作一覧
最近の出来事
Bookreview
 
 
コンタクトはこちらから

 


ラジオNIKKEIラジオNIKKEI(2020/9/18)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・菅・新総理、就任後初の記者会見で
コロナ対策と経済再生の重要性を強調
・EU、温暖化ガスの排出削減目標を一段と引き下げ。
日本は輸入炭素税で狙い撃ちにされかねない事態に
・米が対中関税不当の判断に反発、WTOに改革を要求
・TikTok、オラクル社が株式の6割を取得と米メディア
・米FRB、「少なくとも23年末までゼロ金利政策維持」
・ソフトバンクG、わずか4年で英アーム社を売却
・預金の不正引き出し、ゆうちょ銀に続きみずほ銀も
・日立製作所、英国での原子力発電所事業から撤退。
政府の原発輸出戦略の行き詰まりが鮮明に
・スノーフレイク社、米国で今年最大の新規株式公開
・日産ゴーン事件の初公判、ケリー元役員は全面否認

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
携帯電話料金はどこまで下がるのか?
菅首相の「20%利益は当たり前ではない」発言は正しいのか?

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
  7月の月次GDP、前月比0.2%増にとどまる。
民需の反落で、回復力の乏しさが浮き彫りに
日本経済研究センター副主任研究員・梶田脩斗さん

菅義偉新総理が本気で狙う「スゴい減税策」…その目論見とは何か(2020/9/15)
新総理に就く菅氏に求められるのは、
速やかにアベノミクスをはじめとした安倍政権の経済政策と決別することだ。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/9/11)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・菅官房長官がリード、石破・岸田両氏は次狙いの闘いか。
自民党総裁選が週明け月曜日に投開票へ
・ニューヨーク株、先週末から3日連続の大幅安。
問われたソフトバンクの巨額オプション取引とハイテク株バブル
・南シナ海と香港情勢を巡り、米中外相が東アジアサミットで非難合戦
・ナワリヌイ氏の毒殺未遂疑惑、G7外相会議がロシア非難声明を発表
・ドコモ口座の被害額、1800万円に拡大

《新型コロナウイルス関連》
・英製薬大手、説明できない問題発生でワクチン治験を中断
・産業構造の転換でセブンイレブンが宅配サービスを強化、
ファナックはロボット化需要の高まりで3倍に増産も
・「家賃払えない」人の給付金申請が90倍に。
国内への生産回帰助成金1600億円は11倍の応募が殺到
・東京都、飲食店などの時短営業を来月15日まで延長
・「GoTo地域クーポン」来月から開始へ。
「GoToトラベル」東京発着の旅行商品の来週からの販売も決まる見通し
・インドの感染者数、ブラジルを抜いて世界2位に
・英ジョンソン首相、感染再拡大で7人以上の集会禁止を明言
・欧州31カ国合計の新規感染者数、再びアメリカを上回る
・米共和党、新たなコロナ対策歳出を当初計画の半分に抑制。
財政赤字の拡大で、失業給付の積み増しなどを絞る事態に

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
3人の安倍総理の後継者候補。
あなたの求める政策を実行できるのは誰なのか?

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
ポスト安倍外交の課題 時として独自外交で主導権を!
日本経済研究センター研究主幹・刀祢館久雄さん

まるで「罪の意識」ゼロ、日本政府がモーリシャス重油流出に無関心なワケ(2020/9/8)
なぜ、安倍政権はこの問題への危機意識が乏しかったのか。
疑われるのが、重油の漏出量が必ずしも多くないという点だ。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/9/4)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・安倍総理後継レースは菅氏、岸田氏、石破氏の三つ巴
・コンビニ加盟店への24時間営業や仕入れの強要には「独禁法違反」の恐れ、
公正取引委員会が指摘
・独メルケル首相、野党指導者の毒物攻撃でロシアを批判
・政府、希望者全員に新型コロナワクチン無料接種を検討
・米国の財政赤字、コロナ対策で過去最大に膨らむ見通し
・米国防省、「中国の核弾頭が今後10年で2倍の200発に」
・米、国際刑事裁判所の検事に制裁措置を発表
・中国4大銀行の不良債権問題が再燃、10年ぶり大幅減益
・三井住友銀行、失業者の返済を一時免除する住宅ローンを導入へ
・JR東日本、来春から首都圏の終電を30分程度繰り上げ

  「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
重い負の遺産を残したアベノミクス。
次の総理大臣が最初にやるべきことは?

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
  それでも残る下振れリスク 日本経済の明暗を分ける要因は?
  日本経済研究センター主任研究員・稲葉圭一郎さん

  静岡放送ラジオ
IPPO(2020/9/1)にコメント

安倍首相が残した「ヒドすぎる置き土産」・アベノミクスの後始末やいかに(2020/9/1)
膨らんだ財政赤字が重い足かせになり、日本経済は長く苦しい時代に突入する。
ツケを回させるのは次の政権に他ならない。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/8/28)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・日英通商協定、締結交渉が大詰め
・イランが一転、IAEAの核査察受け入れを表明
・日本企業38社でテレワークに必要な暗証番号が流出、不正接続の被害に
・米中西部の黒人銃撃への抗議デモが激化
・FB、タイ王室批判団体のページへの接続を遮断
  ・河井夫妻が無罪主張、買収事件で地裁の初公判

《新型コロナウイルス関連》
・中国とロシア、ワクチンを外交の道具に
・東京都の感染者が2万人を、世界では2400万人突破
・雇用調整金の期限延長へ
・入院の規定など、無症状者の対応見直しを検討へ
・東京都、飲食店などの時短営業を9月15日まで延長
・9月に「GoToトラベル」の東京発着追加を判断
・韓国で感染再拡大
・各国で年金取り崩しを認める特別措置の設置相次ぐ

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
モーリシャス沖での日本の貨物船の座礁から1カ月
目立つ官民の危機意識の欠如

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
  短期経済予測 景気は4〜6月期が大底に
7〜9月期は前期比プラス3.2%水準を回復も
  日本経済研究センター主任研究員・稲葉圭一郎さん

安倍政権の大誤算…過去最悪GDPでわかった「アベノミクス」の不甲斐なさ(2020/8/25)
そもそも日本は欧米諸国よりマイナス成長が長引いているうえ、
マイナス成長に陥る前から群を抜く低成長に喘いできた。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/8/21)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」(2020/8/21)
・4〜6月期、年率換算の実質GDPがマイナス27.8%と戦後最悪に
・ヨーロッパ諸国、新型コロナ対策を再強化
・中国漁船の尖閣諸島周辺での操業、接続海域にとどまり領海侵入はなし
・上場企業の4〜6月期、純利益が57%減で7四半期連続減少
・EUがベラルーシ制裁を決定、大統領選の不正調査も要求
・イラン大統領、「重大な過ち」とUAEを批判
・国民民主党、立憲民主党との合流を決定
・武田薬品工業、一般用医療品事業を米ファンドに2500億円で売却へ
・日本の貨物船座礁でモーリシャスが賠償請求へ
・国がコロナワクチンの賠償責任を肩代わりへ、海外企業からの調達推進のため新法制定へ

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
戦後最悪ながら欧米に比べれば軽症?4〜6月期の実質GDPから読み取れること

  「町田徹の経済リポートふかぼり!」
  コロナ危機で加速する通貨のデジタル化
日本経済研究センター副主任研究員・宮附F史さん

ハリス上院議員が“打倒トランプ”に勢いを与えるワケ(2020/8/18)
ハリス氏は女性としてもアジア系としても初のアメリカ大統領に最も近い人物になる可能性も浮上しているわけだ。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/8/14)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・米大統領選、民主党はバイデン、ハリスのコンビに
・新型コロナ、世界の累計感染者数が2000万人を突破
・香港・国安法違反で逮捕の活動家、中国と当局への抗議活動を再開
・GoTo事業、旅館・ホテルの登録は3割どまり
・日本の鉄鋼・アルミ、米の追加関税7割の適用外に
・「黒い雨」訴訟、国・広島県・広島市が控訴
・NY市で10万人を雇用、アマゾンなど27社が共同発表
・モバイル4社、4〜6月期の業績に明暗
・ウーバー運転手は「従業員」、米CA州上級裁が仮命令
・日航機墜落から35年、遺族は分散して慰霊登山

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
「多様性の象徴」ハリス副大統領候補は打倒トランプに勢いを与えるか?

  「町田徹の経済リポートふかぼり!」
  核兵器は二度と使わせない!被爆者の思いを世界に
日本経済研究センター特任研究員・長崎大学教授
鈴木達治郎さん

サンデー毎日(2020/8/30・9/6)に寄稿
土地の因縁、うごめく人 埼玉・川口の異郷

  週刊ポスト(2020/8/14・21)に寄稿
窮地のニッポン企業を任せたい昭和の名経営者 ANA社長が小倉昌男だったら

  習近平も焦りまくる…いよいよ世界中で「中国アプリ」排除が始まった!(2020/8/11)
TikTok運営会社のような中国企業は法律で事業を通じて収集した情報を
中国政府に提供する義務があり、米国の安全保障に関わる。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/8/7)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」(2020/8/7)
・4〜6月の最終損益、巣ごもり需要でパソコンや食品など上場41社が最高益に
・日本の人口減少、過去最大の50万人に
・売却かサービス停止か、トランプ大統領がTikTokの排除へ強権を発動
・香港が米国籍の民主活動家を指名手配、国家安全維持法を海外滞在の外国人にも適用
・元徴用工訴訟の資産差し押さえ命令、日本製鉄が不服として即時抗告
・賃金伸びずボーナスは減り、野菜は高騰
・新型コロナ、昨日の国内新規感染者が1477人に
・新型コロナ、世界の感染者1860万人、死者70万人
・3メガバンクとりそな銀行、個人間の送金手数料の引き下げを検討
・レバノン、首都で非常事態宣言

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
中国系アプリ完全締め出しの始まりか!?
TikTokに 売却か利用停止を迫るトランプ政権の狙い

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
逆行する核軍縮:核戦争のリスクは防げるか?
日本経済研究センター特任研究員・長崎大学教授 鈴木達治郎さん

ラジオNIKKEI(2020/7/31)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
上半期、緊迫する世界情勢を読み解く5つの事件
・日本に大きなチャンスか?5Gで燃え盛る技術覇権争い
  ・アメリカ、社会の分断が蓄積する不気味なマグマ
・香港の1国2制度が崩壊

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
・アメリカが違法と宣言した「中国の南シナ海領有権」
・EU、コロナ復興基金の設置合意で存続の危機乗り越え

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
  コロナの先の世界 EUは危機を機会に変えられるか
日本経済研究センター研究主幹・刀祢館久雄さん

「米中の暴走」の歯止めになるか…EUが示した「統合の大義」(2020/7/28)
新型コロナ危機からの復興・再生を目指すファンド創設に漕ぎ着け結束を示したEUには、
米中に自重を求める役割が期待される。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/7/24)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・EU、コロナ復興基金の設立に合意
・新型コロナ、国内の新規感染者数が最多の981人に
・アメリカ、月内にも210兆円規模の追加の財政出動へ
・京都府警、ALS患者を嘱託殺人の疑いで医師2人逮捕
・米、ウイグル弾圧への制裁で中国の11社に禁輸措置
・「Go To」連休スタートも感染警戒で人出にばらつき
・特措法の解釈変更で個別店への休業要請を可能にすると政府が答弁
・ファイザーのワクチン、免疫防御機能が長期間持続か
・国家安全維持法の施行を受け、イギリスが香港との犯罪人引き渡し条約を停止
・UAEの火星探査機を搭載した「H2A」の打ち上げが成功

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
欧州だけでなく世界の平和維持にも希望の光、
マラソン会議を経てEUがコロナ復興基金の設立に合意

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
  どうなるアフター・コロナの産業地図、アゲンストを活かせる業態と厳しい業態
日本経済研究センター政策研究室長兼主席研究員
小林辰男さん

習近平VSトランプ「狂気の指導者バトル」がさらに深刻化してきた…!(2020/7/21)
中国が南シナ海の沿岸各地で主張する領有権について、アメリカは静観の構えから一転、「完全に違法」との立場をとった。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI (2020/7/17)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・「領有権を侵されたすべての国を支援」米国務長官が対中姿勢を転換
・Go Toトラベル、「東京発着旅行」を除外
・新型コロナ新規感染者、東京は最多、大阪も宣言解除後の最多を更新
・イギリス、5Gからファーウェイ製品の除外に転換
・中国の4〜6月GDP、3.2%増のプラス成長に
・香港「国家安全維持法」問題、米大統領が優遇措置の撤廃令に署名
・EU裁判所、アップルへの巨額追徴課税を求めたEUの決定を覆す
・日産、来年半ばにも10年ぶりの新型電気自動車を投入
・東京地裁、河井夫妻に保釈を認めない決定
・アメリカの著名人のツイッターでハッキング被害

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
米国務長官の「中国の領有権主張は違法」発言で、
軍事衝突まで懸念され始めた南シナ海の荒波

「町田徹の経済リポートふかぼり!」 
国境紛争地域ラダックでの兵士20人死亡で高まる、
インド国民の反中感情の行方
日本経済研究センター主席研究員・山田剛さん

なぜ政府は緊急事態宣言を拒むのか?その「不都合すぎる理由」(2020/7/14)
感染症予防法を活用しないのは政府の責任放棄だ。
同法に抜け穴があるなら、法改正をしてでも感染拡大を予防する責任がある。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/7/10)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・東京都で連日、過去最多の新型コロナ感染者を確認
・西村大臣、繰り返し「緊急事態宣言は不要」と強調
・新型コロナ感染者数、世界で1200万人を突破
・豪雨で熊本中心に死者66人、梅雨前線が停滞
・米トランプ政権、WHO脱退を正式に通知
・「香港国家安全維持法」施行で、
  グーグルとフェイスブックが香港政府へのデータ開示を一時停止
・ハーバードとMIT、留学生ビザ規制の中止を求め提訴
・英国、飲食・宿泊・娯楽業支援で付加価値税を半年間引き下げ
・大手格付け会社の格下げ企業数、リーマンショック時並みに
・歴代大統領も愛用したブルックス・ブラザーズが破綻

   「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
ついに東京の新規感染者数が過去最高に。
なぜ政府や東京都は緊急事態宣言に及び腰なのか?

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
  コロナショック 大変なのはこれからだ!備えを怠ってはいけない、世界恐慌というリスク
日本経済研究センター主席研究員・猿山純夫さん

香港の「1国2制度」崩壊に、各国が手をこまねく“きな臭い”理由(2020/7/7)
国際社会が形ばかりの対応しか打ち出せない背景には、
民主主義や基本的人権の擁護とは相容れない、非情な経済の論理がある。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/7/3)
・香港国家安全維持法の施行後、1日で370人が逮捕。「1国2制度」の崩壊が鮮明に
・東京都の新型コロナ感染者、新たに124人と高水準
・1日当たり新型コロナ新規感染者数、20万人を突破
・老朽化し低効率の石炭化石発電所100基を休廃止へ
・プーチン大統領、2036年まで続投可能に
・完全失業者数、3年ぶりの高水準に
・泉佐野市の逆転勝訴で総務省がふるさと納税の審査 法の変更を検討
・大阪都構想、世論調査で賛成が反対を上回る
・エアバス、過去最大の人員削減を発表。アエロメヒコは破産法適用を申請
・スペースジェットの開発難航が響き、三菱航空機が1年で再び債務超過に

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
東京で再び100人を超す新型コロナウイルス感染者。2度目の緊急事態宣言は不要なのか?

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
2018年の経済水準の回復には6年かかる!早期に収束してもコロナの影響は深刻
日本経済研究センター主席研究員・猿山純夫さん

「政府頼みのANA、距離を置くJAL」コロナ危機で生き残るのはどっちだ(2020/6/30)
両社とも十分な運転資金を確保したとしているが、なぜ対照的な戦略を採ったのか。
果たして、どちらの勝算が大きいか。
現代ビジネス

東京MX 田村淳の訊きたい放題!(2020/6/27)
JAL・ANAはどうなる?新型コロナで大打撃!日本の航空業界

ラジオNIKKEI(2020/6/26)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」(2020/6/26)
・金融緩和で社債の発行が急増、6月の3〜5年債は4,7倍
・移動規制解除で週末の観光地の人手が回復、
都は緊急事態宣言解除後で最多水準の感染者数を確認
・IMF、また世界経済見通しを下方修正
・ブラジルの死者数が5万人超え、米では第2波が現実化
・コロナ感染者、世界で1000万人突破へ
・「香港国家安全法案」が月内に成立へ
・トランプ政権、外国人IT技術者へのビザ発給を停止
・国産スパコン「富岳」、日本勢で8年半ぶり世界一を奪還
・トヨタ、日本製鉄との持ち合い株を売却
・架空取引のワイヤーカード、破産手続きを申請

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
コロナの第2波さえ来なければ大丈夫って本当?航空大手2社ANA、JALの最新経営状況

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
国策民営の限界を直視せよ!日本もNDAの本格検討を! 日本経済研究センター特任研究員・長崎大学教授 鈴木達治郎さん

ラジオNIKKEI(2020/6/19)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・中国の「香港国家安全法」制定に、G7外相が声明で「重大な懸念」を表明
・北朝鮮の弾道ミサイル迎撃策の要・地上イージスの配備計画停止、
 河野防衛大臣が突然の表明
・トランプ大統領は国益より再選、習・中国国家主席にも支援要請か?
 ボルトン前大統領補佐官が回顧録
・批判のビラに報復、北朝鮮が南北連絡事務所を爆破
・新型コロナ抗体保有率、東京・大阪は海外より低水準
・新型コロナ感染拡大で、北京市が非常事態を宣言
・中央銀行のデジタル通貨、米FRB議長が「真剣に研究」と方針転換
・地元議員らへの買収容疑で河井前法相夫妻を逮捕
・ニトリ、営業利益が2割の増益。テレワーク普及で机や椅子の販売が好調
・勢い増す新型コロナ感染拡大、今日の新規感染者は14万人で過去最大に

   「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
日本の経済政策のレベルを上げたいーー新星シンクタンク、
グローカル政策研究所の目指すところとは?
グローカル政策研究所・川村雄介代表理事

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
思考停止が続く原子力政策 規制委員会が六ヶ所村の核燃再処理にお墨付き
日本経済研究センター特任研究員、長崎大学教授・鈴木達治郎さん

まだ「自粛要請解除」は早すぎる…!日本が迎える絶望のシナリオ(2020/6/16)
政府や都は経済活動の再開ムードだが、下手に急いで第2波の早期襲来を呼び込もうものなら、さらに経済を落ち込ませる。
現代ビジネス

東京MX 田村淳の訊きたい放題!(2020/6/13)に出演
緊急事態宣言解除で新たな段階に 日本経済はどう変わる?

ラジオNIKKEI (2020/6/12)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・ホンダ、サイバーアタックで世界の9工場が一時操業停止
・2次補正予算案が今日、参院本会議で可決・成立へ
・香港問題でG7が声明を、日本政府が提案へ
・黒人男性の暴行死問題、警察改革や大統領選の争点に
・ソフトバンクGの10兆円ファンド、運用不振で人員削減
・上海市や北京市が商品券を配る消費喚起策
・FRB、2022年までゼロ金利政策の維持を表明
・止まらぬ「夜の街」での新型コロナウイルス感染拡大

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
緊急事態宣言や休業要請の解除では焼け石に水
国際協調までをも脅かす新型コロナウイルスの怖さとは

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
技術覇権競争・米中激突の深層と日本
日本経済研究センター主席研究員・伊集院敦さん

黒人男性殺害デモのウラでトランプ大統領が起こした「最悪の失態」(2020/6/9)
人種差別が問題のすべてではない。
社会の2極化問題、資本主義や自由主義、民主主義を崩壊させかねない問題も起きている。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」(2020/6/5)
・アメリカ、首都ワシントン近郊に軍1600人が移動
・トランプ政権、英など10カ国・地域のデジタル課税に制裁を検討
・休業要請の緩和と並行して「東京アラート」発動
  ・コロナ債が世界で13兆円、医療整備・企業支援に活用
・民間初の有人宇宙船、国際宇宙ステーションにドッキング
・英でファーウェイ排除論が再燃、コロナで中国に不信感
・米ズーム社、ビデオ会議需要の急増で好決算に
・入国規制の緩和、まずタイ、ベトナム、豪などを対象に

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
アメリカで白人元警察官が起こした黒人男性の死亡事件。
なぜ、これほどの大騒ぎになったのか?

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
危機シナリオに備えよ!
新型コロナの第2波はこんなに経済を破壊する!
日本経済研究センター主任研究員・西岡慎一さん

暴走止まらぬ中国・習近平、意地でも「香港国家安全法」を急ぐワケ(2020/6/2)
これ以上の香港に対する強硬策は、中国に対する反発を強め、
中国を政治・経済両面から苦境に追い込むことになりかねない。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/5/29)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・中国、香港に「国家安全法」導入方針を決定
・政府が第2次補正予算案決定
・北九州市「第2波」を警戒、小倉城など43施設を再休館
・緊急事態宣言、1ヵ月半ぶりに全面解除
・プーチン大統領、支持率最低で5選への憲法改正に影
・新法成立で巨大ITに報告義務と取引透明化
・「アビガン」の厚労省による承認、6月以降に先送り
・日立、週2日から3日出社へ。在宅前提に脱・時間管理
・欧州委員会、EU経済再生に89兆円基金策を提案
・欧州中央銀行、ドイツ銀行抜きで緩和継続も

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
香港の1国2制度終焉へ。習近平・中国が50年維持の公約を反故に?

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
コロナ危機の直撃を受けた日本経済 
今年度はマイナス7%成長とリーマンショックを上回る衝撃に
日本経済研究センター主任研究員・西岡慎一さん

ラジオNIKKEI(2020/5/22)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・ワクチン開発で米中攻防が激化。日欧は特許制限で牽制
・WHO総会、独立調査を求める決議を採択して閉幕
・ゴーン元会長の国外逃亡に協力、容疑者2人を米当局が逮捕
・レナウンが民事再生手続き、米JCペニーも経営破たん
・ソフトバンクG、過去最大の最終赤字に
・米企業やソニーが「Withコロナ」「アフターコロナ」に布石
・ナスダック、中国勢のアメリカ上場を制限へ 

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
「政権の介入の是非」から「検察への信頼」に。
問題の本質を一変させた黒川検事長の賭け麻雀

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
「石油の世紀」に終わりを告げるのか?新型コロナで歴史的安値が続く原油市場の行方
日本経済研究センター主任研究員・山田剛さん

日本人は甘く見ている…!世界を襲う「コロナ再流行」の恐怖(2020/5/19)
コロナ対策のための第2次補正予算編成と並んで、
様々な対応のバランスを図るために専門家会議の見直しが急務となっている。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/5/15)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・緊急事態宣言を39県で即日解除、政府が正式決定
・コロナ第2波、感染大国のアメリカ、ロシアで懸念
・資金繰り支援にとどまらず資本強化策も。
安倍政権が第二次コロナ危機対応策で導入を検討
・役員報酬減額、日・米・英で600社以上に拡大
・トヨタ社長、連結決算発表で黒字継続見通しを発表
・米IR大手ラスベガス・サンズが日本参入を断念。
新型コロナの逆風下、観光立国に新たな暗雲
・検察庁法改正案に日弁連、芸能関係者、観察OBが反対
・中国の商用車販売、22カ月ぶりのプラスに
・中国・武漢市、全市民にPCR検査実施へ
・原子力規制委、六ケ所村の再処理工場にお墨付き

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
 第2波、第3波に備えよ!緊急事態宣言解除後の日本の課題

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
日銀のETF購入拡大の功罪。
コロナ危機に立ち向かう追加金融緩和策
日本経済研究センター金融研究室長・左三川郁子さん

「第二次コロナ爆発」発生のウラで、余計に目立つ「日本のお粗末さ」(2020/5/12)
国民に外出自粛に伴う不便や我慢を強いる一方で、
対策を打つ政府の動きが緩慢で、せっかくの国民の努力を政府が無駄にしている。
現代ビジネス

東京新聞(2020/5/9)にコメント
防衛費を経済対策財源に 

東京MX 田村淳の訊きたい放題!(2020/5/9)に出演
緊急事態宣言延長 コロナ・ショックでどうなる日本経済

ラジオNIKKEI(2020/5/8)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・延長された緊急事態宣言の運用を巡り、吉村大阪府知事の失言に西村大臣が噛みつく
・新型コロナ発生源問題で、中国がWHOの受け入れ表明
・国内発の新型コロナ治療薬としてレムデシビル承認
・アリババやヒルトンが業種の枠を越えて、従業員のシェアを開始
・ドイツ憲法裁判所、欧州中央銀行の量的緩和を一部違憲と判断

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
検証 世界の新型コロナの最新感染状況と各国の知恵

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
内外の金融ストレス指数 油断せず急上昇に備えよ
日本経済研究センター副主任研究員・宮附F史さん

「10万円給付のツケ」は結局、国民に…!大増税時代がやってくる(2020/5/5)
日銀が制限なく買った国債の元利払いのため、増税せざるを得ない日がくるだろう。
所得増税がターゲットになるリスクは大きい。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/5/1)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・緊急事態宣言、1ヵ月程度延長へ
・日銀、国債の無制限購入など追加のコロナ対策を決定
・中国、2カ月半遅れの全人代開催を決定
・ルフトハンザ、破綻処理を視野に
・求人が3年半ぶりの低水準、コロナ倒産も100件に到達

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
新型コロナウイルス感染症は、経済政策に異次元の
実証実験・MMT(現代貨幣理論)を強いている

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
新型コロナウイルス感染症の履歴効果を乗り越える秘策とは?
日本経済研究センター主任研究員・田原健吾さん

安倍政権の「鎖国政策」、もはや自殺行為に等しいと言えるワケ(2020/4/28)
貿易や自由な資本取引を経済の立て直しに活用せず、
鎖国を目指す安倍政権の改正外為法政策は、自殺行為になりかねない。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/4/17)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・医薬品・医療機器メーカーを外資の買収規制の対象に
・ようやく公表した「月例経済報告」、国内景気「悪化」を追認
・ニューヨーク原油先物が初のマイナス価格に
・オーストラリア航空2位のヴァージンが破綻。コロナの影響で負債3400億円に
・シャープのマスク販売、先着順から抽選に切り替え

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
またまたトランプ大統領の米国ファースト主義。
WHOへの資金拠出停止は正しいのか?

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
新型コロナウイルス感染症 2030年になっても日本経済を5%下押しか
日本経済研究センター主任研究員・田原健吾さん

トランプの「最大級のワガママ」で、コロナ収束が台無しになる可能性(2020/4/21)
確かに中国やWTOの対応に問題はあるが、米国がWTOへの資金拠出を停めれば、新型コロナウイルス感染症対策が滞りかねない。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/4/17)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・政府、緊急事態宣言の対象を全国に拡大
・「今年は大恐慌以来、最悪の景気後退へ」、IMFが世界経済見通しを改定
・医師会、独自にPCR検査所を都内47カ所に設置へ
・新型コロナ対策の外出制限は「断続的に2022年まで必要」。科学誌が研究成果を掲載
・新型コロナ、韓国で回復後に111人の再陽性患者を確認。WHOは抗体が作られないケースの存在を懸念

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
新型コロナ経済対策 108兆円で過去最大は本物か?

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
コロナ危機が揺るがす国際秩序
日本経済研究センター研究主幹・刀祢館久雄さん

安倍政権「コロナ対策108兆円」にダマされるな…お粗末すぎる実態(2020/4/14)
評価できるのは「生活支援臨時給付金」と「持続化給付金」の合計6兆円強くらい。
緊急経済対策は意図とは反対の代物になった。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/4/10)
・政府、緊急事態宣言を発令
・国内の新型コロナ感染者、5000人を突破
・モノの貿易、今年最大の32%減少
・武漢、2カ月半ぶりにロックダウン解除
・米大統領選、民主党バイデン氏がトランプ氏と対決へ

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
SDGs(持続可能な開発目標)と日本証券業協会
日本証券業協会・鈴木茂晴会長

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
コロナ危機に揺れるヨーロッパのゆくえ
日本経済研究センター研究主幹・刀祢館久雄さん

「コロナ嵐が日本にも…」たった2週間で1千万人が失業した米国の惨状(2020/4/7)
米国では、日本よりもひと足早く失業の嵐が吹き荒れ、「4〜6月には失業率が10%を超える」(米議会予算局)との見方が出ている。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/4/3)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・日本医師会、医療の危機的状況を宣言、適切な医療を提供できなくなる恐れも
・トランプ大統領、「非常に厳しい2週間に」と新型コロナに危機感
・3月の日銀短観で「大企業・製造業の景況感」が7年ぶりのマイナスに
・原油価格の低迷で、米の中堅シェールオイル企業が破綻。
  ハイイールド・ボンド市場の混乱に拍車かける恐れも
・株安が金融機関の決算を直撃、みずほFGが3月期決算で394億円の損失を計上

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
証券投資による資産形成の推進について
ゲスト:日本証券業協会・鈴木茂晴会長

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
コロナ危機が加速するデジタル革命に備えよ!
日本経済研究センター政策研究室長・小林辰男さん

いよいよ迫る「首都封鎖のXデー」、安倍政府のハラの底を暴く(2020/3/31)
状況が刻々と悪化する中で、行ったり来たりの煮え切らない態度を見せて
国民の警戒心を喚起できないのが、安倍政権の対応だ。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/3/27)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・東京都がオーバーシュートの危機、知事が外出自粛を要請
・所得減少世帯への現金給付など柱、政府がGDPの1割相当の経済対策を検討
・東京オリンピック・パラリンピック、来夏までに延期
・新型コロナ感染者が世界で50万人突破、米がワーストに
・日本車の世界生産が半減
・NYダウが3日続伸、合計の上げ幅は4000ドルに迫る
・新型コロナのワクチン開発を支援、G7がG20に研究機関への拠出を呼びかけ
・インド、コロナ対策で工場などを21日間閉鎖
・ソフトバンクG、最大4兆5000億円の資産を売却へ
・政府の月例経済報告、6年9カ月ぶりに「回復」を削除

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
政府と東京都にフリーハンドを与えてくれたのか?オーバー
シュートの機先を制したオリンピックの開催延期

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
緊急政策提言−景気浮揚よりコロナの感染終息を最優先せよ
日本経済研究センター政策研究室長・小林辰男さん

コロナ危機で「大失業時代」突入へ…90年前の『世界大恐慌』再来か(2020/3/24)
経済政策面からコロナ危機を乗り切るための処方箋を考えるならば、
学ぶべきは1929年に始まった世界大恐慌こそふさわしいのではないだろうか。
現代ビジネス

東京新聞(2020/3/19)にコメント
新型コロナ感染拡大の今 失業者ら支える大規模対策を

東京MX 田村淳の訊きたい放題!(2020/3/21)に出演
冷え込む消費にコロナ問題が追い打ち!倒産ラッシュか?

ラジオNIKKEI(2020/3/20)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・NY市場が終値で2000ドル割れ、3年ぶりの低水準に
・サウジ原油、ヨーロッパ向けに大幅8ドル値引き
・米政府、経済安定化に100兆円対策を表明
・バイデン氏、大票田の3州で優勢固める
・GMなど米自動車3社、北米での一時生産休止を発表
・公示地価が5年連続の上昇、地方圏は28年ぶりプラスも
・2月の中国からの輸入、47%減少に
・ドコモ、5Gサービスを25日からスタート
・「森友問題で文書の改ざんを強制」と、自殺した財務省職員の妻が提訴
・各国が相次いで航空会社の支援に乗り出す

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
新型コロナウイルス対策で参考にすべきは1929年の大恐慌!

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
2020年度の日本経済 2年連続のマイナス成長へ
日本経済研究センター主任研究員 西岡慎一さん

コロナ対策に夢中で…安倍政府「原発コスト削減案」ガン無視のナゾ(2020/3/17)
IAEAの提案は、福島第一原発の処理済み汚染水問題を打開し国民負担を40兆円近く節約できる可能性があるのに、政府・経産省は知らぬ顔を決め込んでいる。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/3/13)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・ニューヨーク市場、またも一時2000ドルを超す急落
・WHO事務局長、新型コロナを「パンデミック」と表明
・今年は一転、大企業社員に渋い春闘に。ベアゼロ回答も
・東日本大震災から9年、避難者なお4.7万人
・新型コロナ対策でトランプ政権が大型減税を議会に提案
 イギリスを除くヨーロッパからの入国禁止措置も発表
・特措法改正案、今日にも参院で可決・成立へ
・米大統領選の民主党候補者選び、バイデン氏がリード
・1〜3月のGDP改定値、下方修正に
・公取、楽天への緊急停止命令の発令申立てを取り下げ
・露プーチン大統領に「5期目」の可能性浮上

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
 処理済み汚染水の海洋放出へ、IAEAのモニターを受け入れよ

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
国際標準から大きく後れをとる日本 東京2020に期待されるレガシーとは
日本経済研究センター研究顧問・齋藤潤さん

「コロナ危機はリーマンショックの再来」と報じられない不気味な真相(2020/3/10)
経済がV字回復するかの分水嶺は3月末。
世界規模の感染拡大が3月中に収束しなければ、
経済予測の下方修正や積極果敢な金融・財政政策が必要になる。
現代ビジネス

週刊スパ(2020/3/17)にコメント
楽天・三木谷会長が苦悩する携帯サービス参入と「送料無料」問題

ラジオNIKKEI(2020/3/6)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・新型インフルエンザ対策特別措置法改正案、13日にも成立へ
・IMF、今年の世界経済予測を下方修正へ
・日米欧が財政・金融政策を総動員、新型コロナ対策で政策協調
・米民主党大統領候補者選び、バイデン、サンダースの一騎打ち
・政府、習近平・中国国家主席の来日延期を発表
・政府、緊急措置法を適用しマスクの高額転売を禁止へ
・アメリカも日本からの渡航者の入国を制限か
・ソフトバンクの5Gサービス料金、月額1000円の上乗せに
・楽天モバイル、2980円のぽっきりプランを発表
・イラン、「核合意」の許容範囲の5倍のウランを貯蔵

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
なぜエコノミストは下方修正が苦手なのか?
「町田徹の経済リポートふかぼり!」
原発再稼働問題 地元との実効ある対話と核のゴミと 核燃料サイクルの見直しが大前提
日本経済研究センター特任研究員、長崎大学核兵器廃絶
研究センター教授・鈴木達治郎さん

「楽天叩き」に公取委員長が執念を燃やす「これだけの理由」(2020/3/3)
3980円以上買えば送料を無料化するという楽天の計画に待ったをかけようと、
公取が東京地裁に16年ぶりという独禁法の緊急停止命令を申し立てた。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/2/28))
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・安倍総理、新型コロナ感染症対策で基本方針を発表
・新型コロナ感染患者、再び「陽性」に
・NY株が大幅続落で879ドル安、日経平均は2万2000円割れ
・新型コロナ、五大陸に拡大
・G20、デジタル課税の原案を承認
・プーチン大統領、国境線を画定する交渉は妨げない方針
・女川原発2号機、安全審査に合格
・パナソニック、テスラとの太陽電池協業を解消
・新年度予算は今日、衆議院を通過させる方針
・乳幼児の筋萎縮症治療の超高額薬、販売承認へ

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
新型コロナウイルス、ついに五大陸に感染拡大。
新規 感染者数、非中国が中国を上回る
「町田徹の経済リポートふかぼり!」
福島原発廃炉 活かされない教訓と反省 世界の叡智とマネーを結集し透明性向上を
日本経済研究センター特任研究員、長崎大学核兵器廃絶
研究センター教授・鈴木達治郎さん

「マスコミは騒ぎ過ぎだ…!」新型コロナ“対策慎重派”たちの本音(2020/2/25)
筆者が取材した専門家の中には、匿名を条件に今の騒ぎを憂う人々もいる。
“異端”として取り上げられることがない彼らの声を紹介しよう。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/2/21))
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・アップルの売上高、計画達成の目処がたたない状況に
1〜3月、新型肺炎に伴うサプライチェーンの混乱が響く
・去年10〜12月のGDP、5期ぶりマイナスの年率実質6.3%減
・巨大プラットフォーマーの取引透明化法案を閣議決定
・ソフトバンクGへの融資、債務膨張でメガバンクが及び腰
・フランス、脱アメリカ頼みの安全保障をEU諸国に提案
・イギリス、高度人材の囲い込み狙い年収や学歴で移民選別
・IMF、アルゼンチン債務を保有する民間の債権カット示唆
・セブン&アイ、2兆円投じ米ガソリンスタンド買収を提案
・日産の臨時株主総会、ようやく内田新体制を承認
・ファミマの希望退職に募集枠を大きく上回る応募

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
見え始めたぞ!新型肺炎ウイルスの本当の怖さ。
煽情的な報道に踊らされず冷静な対応を!
「町田徹の経済リポートふかぼり!」
アメリカ対イラン 近づく臨界点
日本経済研究センター主任研究員・山田剛さん

楽天の反抗はまだ序章…「日本の公取」が世界中からナメられる理由(2010/2/18)
安倍政権は「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法案」を今国会に提出する方針。
新法は弱体の公取の能力を補うことができるのか。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/2/14))
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・日本製鉄が呉製鉄所を閉鎖、JFEは鋼板加工ラインを 一部休止へ
・ソフトバンクの「10兆円ファンド」、2期連続の赤字に
・東証、市場健全化へ株の高速取引業者を欧米並みに監視
・米大統領選、民主党候補選びの第2戦の結果
・公取、独禁法違反容疑で楽天を立ち入り検査
・米FTC、GAFAとMSに過去のM&A情報の提供を命令
・「新型肺炎長期化なら、日本経済が今年にもマイナス成長 に転落も」
大和総研が予測を公表
・ポイント還元の取り扱い中小店舗、対象のほぼ半分に拡大
・新型ウイルス感染拡大で128カ国が中国からの入国を制限
・ファーウェイなど中国企業の参加を懸念、
世界最大のモバイル見本市「MWC」の開催が中止に

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
デジタル・プラットフォーマー取引透明化法案の実力は?
「町田徹の経済リポートふかぼり!」
習近平体制を揺るがせかねない新型肺炎 中国はこの試練を乗り切れるのか?
膨らむ北朝鮮の経済リスク
日本経済研究センター主席研究員・伊集院敦さん

「打倒トランプ」の可能性は…最年少38歳の大統領候補、躍進のワケ(2020/2/11)
ブティジェッジ氏が当選すれば、米国史上最年少の大統領になる。学歴はピカイチでアフガニスタンに駐留経験があり、ゲイと公表している。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/2/7)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
 ・米大統領選、民主党候補選び初戦でブティジェッジ氏首位
 ・働くシニアの年金減額、2022年4月から縮小
 ・習近平指導部、初動の不備を認める
 ・IMFゲオルギエバ専務理事、新型肺炎で景気減速に懸念表明
 ・中国人民銀行、市場に18兆円を供給へ
 ・ネットバンキングによる不正送金、昨年の被害額が4倍に
 ・護衛艦が中東へ出航、今月下旬から「調査・研究」を開始
 ・トランプ大統領、弾劾裁判で無罪に
 ・中国の入国制限、新型ウイルス対策で62カ国が実施
 ・新型肺炎、予防ワクチン開発に相次ぎ名乗り

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
 初戦で予想外に躍進のブティジェッジ氏、この勢いでトランプ
 大統領を引きずり下ろすのか?

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
 存続が危ぶまれる地域金融機関、金融システム不安再燃のリスクも
 日本経済研究センター副主任研究員・宮崎孝史さん

「新型コロナ」拡大の戦犯は誰?コウモリか習近平か、それとも…(2020/2/4)
 WHOの緊急事態宣言の遅れやテドロス事務局長の習主席礼賛は、中国の発言力向上に伴う国際機関の機能麻痺のリスクを浮き彫りにした。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/1/31)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
 ・新型肺炎、日本経済に影
 ・新型肺炎、水際での阻止に限界。症状ない人からも感染
 ・WHOが緊急事態宣言
 ・武漢からの邦人避難にチャーター機
 ・止まらぬ新型コロナウイルス、中国での感染者数がSARS上回る
 ・イギリスがEU離脱、揺れるEUの平和の理念
 ・日本政府、巨大ITへの規制新法案を決定
 ・イギリスがファーウェイ製品を一部容認へ
 ・機密情報をロシアに不正譲渡か?ソフトバンク元社員逮捕
 ・ボーイング、22年ぶりの赤字に

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
 新型コロナウイルスの感染拡大を招いた中国の文化・政治問題とは
「町田徹の経済リポートふかぼり!」
 狭まる金融緩和手段 日銀に残された選択肢とは?
 日本経済研究センター副主任研究員・宮崎孝史さん

NTTドコモが「6G戦争」で米中を打ち負かすための「絶対条件」(2020/1/28)
5Gで出遅れた日本が、第4次産業革命を担う6Gの覇者となるにはどうすべきか。中国勢の台頭を強みに変える産業政策の在り方を論じたい。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/1/24)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・日銀やECBがデジタル通貨の発行に前のめり
・5Gでの出遅れの挽回を6Gで。官民が本格的に始動
・出店者団体が公取委に楽天の調査を要請、送料無料に反旗
・コンビニ大手7社、店舗数が昨年末に初の減少
・米でトランプ大統領の弾劾裁判の審理がスタート
・日韓で景気減速懸念が一段と高まる
・三菱商事と野村不動産、ベトナムでスマート都市開発に参入
・オリンピックの期間中、鉄道各社が終電を繰り下げ
・ネットフリックス、高成長を維持
・三菱自動車と東芝子会社、また懲りない不祥事

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
 中国勢から覇権を取り返せるか?2030年を睨んだ6G開発競争の
 勝利の条件とは?

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
 経済に待ったをかける安全保障 米中の覇権争いとイラン情勢
 日本経済研究センター研究主幹・刀祢館久雄さん

NHK「ネット同時配信」、実現までに10年もかかった「全舞台裏」(2020/1/21)
同時配信は10年に及ぶNHKの悲願だった。実現に長い時間を要した裏にあった視聴者無視のマスメディア業界の暗闘を明らかにしておきた
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/1/17)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
 ・投資ファンドの規模拡大が頭打ち、調達額10年ぶり前年割れ
 ・米中、第1段階の合意に署名
 ・台湾総統に蔡氏が再選、過去最多得票と香港問題が追い風に
 ・総務省、4月からのNHKのネット同時配信を認可
 ・EU、脱・化石燃料へ一歩前進
 ・米でイラン司令官殺害の根拠揺らぐ。イランでは反政府デモ
 ・グーグル、ネット利用者の閲覧データ提供を取りやめ
 ・ボーイング、737MAXの事故が響き昨年の商用機納入が半減
 ・小泉環境大臣、育休取得へ
 ・米カジノ大手MGM、ホテルを現金化し大阪進出の資金に充当も

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
 テレビ番組のネット同時配信が4月スタート
 NHKの悲願が5年近くもめたワケ

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
 2020年の展望とデジタル資本主義
 日本経済研究センター理事長・岩田一政さん

日本人だけが知らない「ゴーン逃亡」本当の罪(2020/1/14)
日本版の司法取引の問題も含めて、国外逃亡犯ゴーン日産前会長の批判にかまけて、司法制度の透明性を高める努力を怠ってはならない。
現代ビジネス

静岡放送ラジオ IPPO(2020/1/14)
トヨタの「コネクティッド・シティ」プロジェクトについてコメント

ラジオNIKKEI(2020/1/10)
「町田徹の経済ニュースカウントダウン」
・トヨタ、静岡県裾野市でコネクティッド・シティづくり
・ソニー、自動運転車で米デジタル見本市CESの話題さらう
・イラン報復、食い違う戦果の主張は双方の自制のサインか
・ゴーン元会長が会見、政治家名は語らず
・安倍総理、明日から中東3か国訪問
・厚労省の労働政策審議会、「70歳就業」を来年4月からに
・日本郵政の増田新社長が会見で「全容の解明急ぐ」
・カジノ管理委が発足、IR運営監督、行革相「独立性確保を」
・世界新車販売、2年連続で減少
・米議会、中国のウイグル族弾圧めぐり制裁強化を提言

「町田徹の経済ニュースふかぼり!」
国外逃亡犯のたわごとで済まされるのか?ゴーン元日産会長の
レバノン記者会見

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
パリ協定元年 地球温暖化は予防できるのか(後編)
元環境事務次官、日本経済研究センター特任研究員・小林光さん

BS日テレ 深層NEWS(2020/1/8)に出演
ゴーン被告逃亡のナゾ 今夜会見…何を語る?

2020年、「アベノミクス破綻」で日本経済はこんなにヤバくなる(2020/1/7)
2020年度予算編成は財政規律を死守したかのようにみえるが、裏がある。
分厚いお化粧が施された「政府経済見通し」の高い税収見積もりだ。
現代ビジネス

ラジオNIKKEI(2020/1/3)
初夢スペシャル!令和期待の成長産業ランキング
1位 個人サービス
2位 43.8%増の医療福祉
3位 26.6%増加の見込み、情報サービス
4位 小売業。15.3%増で引き続き高い成長を維持
5位 14.4%増の対事業所サービス
6位 伸び1〜2%の機械・化学・運輸
7位 産業の存亡の危機に瀕するエレクトロニクス
8位 9.9%減の建設業。重い人口減少のツケ
9位 37%減の鉄鋼業。問われる素材ナンバーワンの地位
10位 自動車産業。50年間で実質生産が6割減に

「町田徹の経済リポートふかぼり!」
パリ協定元年 地球温暖化は予防できるのか(前編)
元環境事務次官、日本経済研究センター特任研究員・小林光さん